谷垣禎一(さだかず)公式サイト:tanigaki sadakazu:自由民主党衆議院議員
ご意見・お問合せ 自由民主党
谷垣の選挙区 個人情報保護方針 リンク トップページ
谷垣の政策 谷垣日記 活動報告 谷垣語録 プロフィール プライベート
更新情報
更新履歴
2013年4月
2013年4月26日
今後の取り組み
 

今、数多くの法案を国会で審議していますが、内閣提出の法案では法務省所管のものが一番多くなっています。これらの所管法案を一つ一つしっかりと処理することが、当面大事なことであることは間違いありません。昨日も参議院予算委員会で、「会社法に関して法制審の答申が出ているのだから早く立法化せよ」というありがたい応援の質問があったのですが、審議中の法案を処理しないとなかなか先のことまで展望できません。今の法案をしっかり仕上げていくことが第一です。

また、法案ではありませんが、私が法務大臣に就任するに当たり、再犯の防止ということを総理からも特命でご指示をいただいています。以来、私も様々な角度から考察してきましたが、再犯の防止というのは非常に大事だと思います。

繰り返し指摘していますが、この再犯の防止は決して行政だけでできるわけではなく、民間の助けが必要です。例えば職親プログラムや、いろんな動きも出してもらい、行政と民間とがうまく歩調を合わせてやっていく。そのようなきめ細かい工夫を積み重ねていきたいと思っています。

 
»谷垣日記トップへ戻る
 
2013年4月17日
0増5減について
参議院選挙に向けて
 

野党各党の予算案への対応がバラバラであったり、あるいは党内で離党する議員が続出したりする中で、海江田民主党代表の対応は大変難しいところにあると察します。

しかし、一票の格差を是正するため衆議院小選挙区の0増5減については、昨年、当時の野田総理・民主党代表は私との党首討論でその先行実施を明言していましたし、また民主党政権は解散の直前にはこれを実現するための法案を自民・公明・民主の三党で成立させています。これに反対するのは明らかに理がないと私は思っています。

与党だけで政治をしているわけではありません。政権を体験した民主党が野党になって、どのように国会に対応してくるのか。例えば0増5減にどう対応してくるのか。その仕方で日本の政治の成熟度が上がるか、上がらないか。自民党も胸突き八丁ですが、民主党も胸突き八丁じゃないかと思っています。


今までのところ、安倍政権は非常に上手に歩んできたと思います。世論調査の数字にも的確に表れていると思うのですが、ここから先はなかなか簡単ではありません。

景気は文字通り、下に「気」という字が付きますけれども、国民の「気」分が変わらないとうまくいかない、というのはその通りだと思います。そして、その気分を変えることを非常に上手にやり、何かできるのではないかと多くの方が思ってきたことは極めて大きいと思います。

しかし、気分だけで景気が上向いていくわけではありません。今後は実質的な成長政策を打ち出していかなければいけないわけですが、何を参議院選挙の目玉にしていくかというのはなかなか簡単ではないと思います。多くの方が、「なるほどこういうものを打ち出したな」というものにしていくと、抵抗もいろいろあるでしょう。だから、参議院選挙に向けた歩みは非常に難しいところにきていると思います。

気を引き締めて、最後は、自民党は一致団結して進むということでないとうまくいかないと思っています。

 
»谷垣日記トップへ戻る

 
谷垣の政策 | 谷垣日記 | 活動報告 | 谷垣語録 | プロフィール | プライベート
谷垣の選挙区 | 個人情報保護方針 | リンク | ご意見・お問合せ
 
Acrobat及びAcrobatロゴは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ 社)の商標です。
「Twitter」およびロゴはTwitter,Inc.の商標または登録商標です。
 
©Copyright Tanigaki Sadakazu All rights reserved.